2009年09月14日

うちの弟が…(T0T)

今朝、恐ろしい夢を見ました。

舞台は戦争の真っ最中で家族とともに逃げていましたあせあせ(飛び散る汗)

自分は何とか無傷で病院までたどり着いたのですが、弟が運ばれているというので見に行くと顔が変形して、足も麻痺して動けない状態でしたがく〜(落胆した顔)

「どうしてぼくがこうなるの〜もうやだ〜(悲しい顔)

と叫びながら、自分がどうなってしまったのかわけも分からずに大泣きでした。

元気だった弟が急にもう二度と歩けなくなるかもしれない状態になり、顔も元の原型をとどめておらず、私はどうすることもできずただ泣き叫ぶ弟をみて、本当に胸が苦しくなり、この子の一生が絶望的になってしまうとおもうと、心臓が飛び出しそうでしたがく〜(落胆した顔)


あまりにもびっくりしてそこで飛び起きました。
夢から醒めたばかりで心臓がまだどきどきしていたし、呼吸も乱れていましたたらーっ(汗)

夢で良かった、と思うと同時にこれが神様の思いなのではないか?と瞬時に思いました。

全人類の親である神様は今もなお、世界のどこかで戦争や飢餓や病気で苦しむ子供たちをみて、本当に胸が張り裂けそうになりながら、どうすることもできない、とても言葉には言い表すことのできない長い苦痛の歴史を通過してこられたんだと思いました。

たった一瞬の夢でさえ、あれだけ苦しかったのに、神様は何千年も何千万倍も苦しみ耐え抜いてこられたということは創造できませんふらふら文先生は神様のことを思って何日も部屋が涙であふれるくらい祈祷することがあるそうですが、本当に文先生は神様の情を知っている方なんだなあと思います。


神様はこの日本にどれだけ祈るような思いで、世界の為につくして欲しいと願われているでしょうか?
不景気といいながらもあふれてあまる物質大国日本。

自分も生活が苦しいながらも一日3食当たり前のように食べ、住む場所があり、家族がいるということがどれほど恵まれているでしょうか?

その夢を通して、世界でおこっている貧困、病気が少し近くのこととして感じられるようになりました。親である神様のためにも現状を少し知った私たちが兄、姉のような立場で世界の弟、妹たちの為に何とかしないといけないと。

そのように考えると統一教会がビジョンとして掲げる

「One family under god!」

これが本当にすばらしい理念であり、これしかないと思います。

世界を本当に救おうと思ったら、かわいそうだから手助けしたいとかではなく、家族だからほおっておけない。こういう気持ちがなければいつか限界が来ると思います。

私もまだまだぺーぺーぺーですが、少しでも為に生きれる実態となって貢献できるように頑張りますパンチ

今日も読んでくださってありがとうございますグッド(上向き矢印)


にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

将来の夢!

今日は私のについて書きますひらめき

私の夢は世界中のまちづくり(学校、教会、家etcを建てる)をすることです。

CIMG1808.JPG
こんな感じ

近い将来の目標は私の住む街を全国のモデルとなるまちとすることです(まちづくりにたずさわる仕事をしているので)ぴかぴか(新しい)
CIMG1987.JPG
こんな感じ


忙しい毎日の中で大変ですが、神様からの大きな期待を感じながら日々前進しています。
まだまだ若手ですが、頑張りますパンチ

今耐震改修工事をやっていますが一校だいたい数千万円くらいかかります。これが海外なら600万円くらいで一校校舎が建つといわれていますから、日本が世界の為に動き出したらどれほど大きな影響力をあたえるでしょうか?
工事やって苦情あり、クレームありの日本より、海外でやったほうがみんなかた感謝されるしそっちやったほうがいいのでは?と思うこともしばしば…(笑)

もう一つの夢は東京にでっかい教会を建てることビル
今は貸しビルの1フロアを使っているのでとても残念です。

A区のH地区を個人的には狙っています目
敷地もでかいし、住民の撤退もはじまっているようだし。今はだんだん廃墟みたいになっています。

そこにでっかい教会と周辺には教会員が住む集合住宅を建てます。
日光街道に近いところです。

将来は皇居と主要となる日光街道沿いにみどりの骨格となる緑地帯やオープンスペースをつくります。
皇居を中心として主要な道路にみどりのネットワークを張り巡らせることによって都心のヒートアイランドを減少します。2012年に東京駅に建つ2つのビルにより、東京湾から来る風がビル風となって皇居に流れ込みます。その風で皇居の冷たい空気がみどりのネットワークを伝って東京中に広がります。

ネットワークは災害時の非難経路にもなります手(チョキ)

みどりは原生林(その土地に元々あった、その土地に適した木)を植えていきます。そうすることでこの先何百年ともつみどりの骨格が出来上がります。
地球温暖化の対策にもなりますし、文先生が提唱する自然の回復にもなります。

骨格が出来上がり、中心となる皇居とつながることで外的には一体感が生まれるのではないかと思います。

CIMG3727.JPG
皇居でするんるん

皇居から来たに続く日光街道沿いには統一教会が建つのです。
アクセス方法は車か巡回バスです(駅から遠いところなので)。

教会までの道沿いには文先生の生涯が時間とともにみれる作品やパネルを展示していきます。

また川沿いにもあるので川は韓国の清心修練苑という修練所にある水の浄化システムを応用します。そうすることで現在地域の課題となっている河川の汚染も解決させます。

敷地内には私立学校も建てます。
幼稚園から高校までです。ハイクオリティーな学校です。

CIMG1976.JPG

こんな感じ

CIMG1979.JPG

楽しそうですねわーい(嬉しい顔)

CIMG1879.JPG
こんな感じ



今日も読んでくださってありがとうございます


にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 23:08| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

子を見送る母親

日曜日の朝は素敵な光景を目にしました晴れ

朝散歩をしていると、坊主の高校生を玄関で見送る母親の姿がありました。
おそらく雰囲気からすると野球部でこれから練習に行くところだったのでしょう。

母親が「がんばんなよ」とぽろっと一言いってこどもを見送っていましたひらめき
こどもが曲がり角を曲がって見えなくなってもしばらく玄関先でこどもの行った先を見ていました目

母親の「がんばんなよ」というたった6文字の言葉でしたが、そこに親がこれから部活動に向かう子のことが怪我しないようにとか心配する気持ちと同時に、こどもへの期待や野球が上手くなるならない以前に純粋にこどもに頑張って欲しいというのを感じました。
行った後もこれからこの子は今日どんな練習をするのか、きつくてたおれはしないか?仲間とは上手くやっているか?などさまざま思いをめぐらすだろうなと思いましたふらふら

それをみたとき、きっと神様も同じように私のことを見てくれているだろうと思うと、涙が出そうになりましたもうやだ〜(悲しい顔)

統一原理では人間の完成には神の95%と人間の5%の責任分担があると解いています。
その人間の5%には神様も手をつけたくてもつけられないというのです。

日々子どもにつらいことや困難なことがあってもそこに向かっていく子のことを思い、このお母さんのようにただ、心配そうにわが子を見送り、祈るような思いでいつも見つめてくださっているんだろうなと思いましたハートたち(複数ハート)

子どもは親がそんなことを考えていることを知っていようがいまいが、同じように愛してくれる黒ハート親の愛は偉大ですねわーい(嬉しい顔)素敵な朝の出発でしたぴかぴか(新しい)


今日も読んでくださってありがとうございます手(チョキ)


にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 08:50| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

母の誕生日

先日は母の誕生日でしたバー

私もはりきってちらし寿司を作りました手(チョキ)

やはり為に生きようとするところには神様が働きます。

仕事の帰り、ちらし寿司の材料を買おうと普段良く使うスーパーに行きました。

具はマグロ、イカ、タコ、きゅうり、卵、あわよくばいくら、
そして汁物としていわしのつくねのすまし汁をつくろうと計画していました。

家族6人分となると結構な金額になるのでビビッていたのですが、そこにはめぼしい材料はませんでした。ふとイトーヨーカドーが思いついたのでそこに直行しましたダッシュ(走り出すさま)

しかしそこでもめぼしい材料はありませんでした。あきらめて帰ろうとしたとき、なんと処分品コーナーに買おうとしていたものがすべて半額で売っていましたぴかぴか(新しい)いくら以外…たらーっ(汗)

ついでにそこにあった穴子とちくわも買いました。

そこで買物し、気にしていた金額も大してかからず、相当な安値で家族6人分のちらし寿司とすまし汁をつくることができました。

感謝でするんるんありがとうぴかぴか(新しい)

しかもその日は姉が仕事が休みで事前にケーキを作っていてくれましたexclamation

メロンのさわやかさとスポンジのチョコの甘さが絶妙にマッチしていて、100点でしたひらめき
CIMG5719.JPG
そしてとなりにあるお菓子は小学生の弟が地道に貯金箱に10円単位でためたお金を使って、10円玉を大量に使って買ったお菓子ですもうやだ〜(悲しい顔)

兄弟のつくった食事が並んだ食卓は100点でした。

しかもその日は久々に家族6人全員がそろって食事することができましたハートたち(複数ハート)

みんな働いたりして、なかなか時間そろうことが無いのですが、みんなそろいました。

プレゼントも奇跡的でしたプレゼント

妹が珈琲をプレゼントしました。自分はクッキーをプレゼントしました。珈琲とクッキーというみごとなこらばレーションを生み出したのは特に話し合ったわけでもなくそのようになり、100点な組み合わせでした。

父も母も大喜びです晴れ
兄弟たちでつくられた100点なパーティでした。
このような環境をつくりだして下さった神様に感謝いたします。

今日も読んでくださってありがとうございますダッシュ(走り出すさま)


にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 20代サラリーマンへ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

スーパー係長!

今日は私の職場の上司についてかかせていただこうとおもいます手(チョキ)
私は某役所の学校営繕を担当しているのですが、今日は小学校でガラスがわれて子供がけがをした!
最近多いので教室すべてのガラスを取り替えて欲しい!という連絡を受けました。

地域内の学校はどこも古く、同じような状況…

何とかしたいけどこの学校だけ予算をつけるわけにはいかないっ!

どうする!!

ということで困って係長に相談しましたふらふら
学校に早速話をしに行ったわけですが、実際子供は怪我しているし、何とか対応したいけど、お金がないっ!!学校長もかなり強い要望のようでしたあせあせ(飛び散る汗)
そんな困った状況のなかで係長は対応策を考えてくれ、上手く説明し学校を納得させてくれました。

うちの係長は建築に関する知識がとにかくすごく業者と技術的な口論になったらまず負けない手(グー)そして説明力も長けていて、1を聞いたら10になって返ってきます本自分の仕事に誇りをもち、強い信念と気合をもち、スキー、陸上と優秀な成績を修めているパワーあふれるスーパー係長ですぴかぴか(新しい)

いつも細かく教えてくれ、頼りになる尊敬する人の一人です。

そんな上司を与えてくださった神様に今日も感謝しますハートたち(複数ハート)

にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。