2011年02月18日

霊界がたすけてくれる

今のこの時は、訓読会を通して霊界が皆さんにつながるのです。お父様をたすけてくれた霊界が、皆さんにもつながるのです。お父様を助けてくれた霊界が、皆さんにもつながって助けてくれるのです。恩讐がきれいに清算されます。迫害がなくなり、全世界だけでなく霊界まで開放されるのです。どれほど驚くべき時が、自分に訪れてきているのかを知らなければなりません。
『御言訓読と霊界動員』より)


おはようございます。
今日も訓読に関する話です本


み言はお父様(文鮮明先生)がその時代時代において勝利して勝ち取ってきたものです。
ですので、普通の書物とはちがいますがく〜(落胆した顔)



私もみ言訓読が原因かどうか分かりませんが、霊界のはたらきを感じることがよくあります。


困った時は霊界のご先祖様、絶対善霊の方々にお願いするとそれに対して、応えてくれている気がします。




み言訓読はただ、外的な知識を得るのみならず、霊界を動かしてしまう力もあるそうです。


今日も読んでくださってありがとうございますわーい(嬉しい顔)



↓クリックおねがいします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

拉致監禁は今?

2009年も残りわずかでおわろうとしています。

9月に同じ教会のM.Yさんが保護説得という名のもとで拉致監禁され、2010年を迎えようとしています。

今はどんな心境なのか?

本人もつらいと思うが、家族も同様につらいと思います。
キリスト教牧師の働きかけによるものが大きいと聞いていますが、その事実が世の中に知られていないことが腹立だしです。

元気なM.Yさんの笑い声を思い出すととても悲しいもうやだ〜(悲しい顔)

デデボーさんのブログでM.Yさんの書いた最後のブログをみれるのでぜひみてほしいです。
↓  ↓  ↓  ↓
http://uc-nn.info/article/136671067.html



拉致監禁問題に関しては以下のホームページを見てください。
↓  ↓  ↓  ↓
http://rachi.info/


自分自身発言力のない立場にあるのが悔しいが、この記事を通じて少しでも現状を理解していただければと思います。
posted by todaysunday at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

平和を愛する世界人としてなんと…!?

文鮮明先生自叙伝「平和を愛する世界人として」がAmazonで12月の月間ランキング1位に輝きました!


「09年12月 Best of the Month(月間総合1位)受賞作品」
(Amazon.co.jp 発表)
http://www.amazon.co.jp/gp/browse.html/ref=pe_13882_15437152_pe

まだ購入されていない方はぜひごらんあれ!!
20091005004721.jpg

posted by todaysunday at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

自叙伝占い

おひさしぶりです。

久々の更新ですたらーっ(汗)

さて今日はお知らせです。

自叙伝のポータブルサイトにて占いができます目

ぜひお試しあれ!こちらをクリック右斜め下
http://rev-moon.info/article/132529031.html
posted by todaysunday at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

「保護」という名の拉致監禁

 先月から自分たちの通っている教会の女性(M.Yさん)が実家に帰るときに両親に捕まえられ、マンションの1室に閉じ込められ棄教を迫られています。

 M.Yさんだけでなく日本には何千人という人が家族によって同じような状況にあっています。

 監禁している家族側の言い分は、「一時的に保護し、説得している」

家族は別にうそついているわけでもないし、全力で愛するわが子を助けようとしています。世間で悪いニュースばかり流れている統一教会ですから親はなんとしてでもそんな教会から子どもを守らなければいけない。

そういって部屋に閉じ込め、24時間監視し続ける。子どもが脱会するまで。親の子どもを思う気持ちが強ければ強いほど、それが激しくなる。


統一教会は親子の絆の大切さを教えや親孝行を積極的にすすめています。ですので親に対する感謝の気持ちはみんな強い人ばかりです。
その親から保護という名の監禁を受け、監視され、理解されない、話を聞いてもらえない…どれほど心に傷が残るでしょうか?

もし脱会したとしてもPTSDなどの精神的に異常な状態になる例もあります。家族も本人もへろへろ状態で精神もお金もすり減らしうつ状態になっていくバッド(下向き矢印)

こんなことが日本の各地で行なわれています。
警察はまともに取り扱ってくれないのが今の現状だそうです。

理由は家族の問題だからとか、ひどい例では統一教会だからという理由だけできいてくれないというのを聞いたことがあります。


子どもを守ろうとして行なった親が悪いのでしょうか?


その親たちはキリスト教の反対牧師に動かされています。


牧師は頻繁にマンションに通い反対派の情報を何時間ときかせ、裏では家族に指示をだしています。

家族も本人もぼろぼろです。

こんなことがこの日本にあることを知ってくださいexclamation

…………………………………………………
【統一教会】家族と人権と信教の自由
http://d.hatena.ne.jp/ucadachi/
…………………………………………………

今もM,Yさんがつらい思いをしていると思うと胸が痛いです。

心に傷を残すことなく無事帰ってこれることを願います。

最後にM,Yさんが親につづった感謝の気持ちをのせたブログを紹介します↓
http://kansha-warai.seesaa.net/article/124511912.html

ニュースには報道されないひどい現状があることを知ってくださいexclamation
posted by todaysunday at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。