2011年06月12日

良心の偉大さ

良心は両親に勝る
良心は先生に勝る
良心は神様に勝る
(by文鮮明先生)


本日は本部教会よりT講師をお迎えして1日講義を受けました。

良心の話、瞑想について、原理チャートについて。

簡単にまとめると、良心の声に従う生活が個性を完成していく道である。
良心に聞き従う生活が重要。良心はなんでも知っている。良心は天法も知っている。
み言を読むことはこの良心の声を大きくすること。

瞑想は神様が自らに顕現なさることを感じる、目的を持って瞑想する。
私たちはさまざまな雑念にとらわれ、神様の声を聞けていない。
瞑想で神様の心情を尋ねる、訓読したみ言の背後にある神様の心情を求める、自分の中の良心に尋ねる。

原理は神霊と真理の両面がある。
今まで真理の面が強調されてきたが、神霊の部分、すなわり神様の心情に触れていくことも大事。
原理チャートも神様が自分に語ってくださったものとして読んでいくことが大事。

すべてにおいて、神様が主体であり、私たちは対象であるという自覚をもつこと。

…などなど、ここには載せきれないことをたくさん学びました。

神様の心情を求めて、もっと瞑想し、み言を神様の語ってくださる言葉だと思って読み、良心に問いただす生活を心がけていくよう頑張りたいと思います。

ちなみに今日瞑想、原理チャートを実践し、復帰した神様の心情は…

創造原理より
人生と宇宙に関する根本問題はそれを創造したもうた神を知らない限り解くことができない。

今までさまざまなことで悩んできましたが、神様をしって解決しようと考えたことがどれだけあったのか?
問題解決はすべて原理の中にあるということ。

被造世界は無形の主体としていまし給う神の二性性相が、創造原理によって、象徴的、または形象的な実体として分立された個性真理体から構成されている神の実体対象である。

私自身も神の実体対象である!


三大祝福のみ言に従って、人間が神の国、すなわち天国をつくって喜ぶとき、神もそれを御覧になって、一層喜ばれるということはいうまでもない。

神様は私の喜ぶ姿を見て、喜ばれる。

でした。

今日も読んでくださってありがとうございます。



↓クリックおねがいします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 内面スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

5時訓読の流れ

今日は教会の朝の訓読会に初参加です。

流れ…

朝5時まえ…
瞑想し、訓読会に向けて心の準備をします。

5時から…
家庭盟誓
→代表報告祈祷
→ストレッチ
→ペアを組んでお互いに昨日あった感謝した内容を3つ言い合う。
→文鮮明先生の自叙伝『平和を愛する世界人として』を訓読。
→体操
→音楽に合わせて敬拝120拝
→全体祈祷

終了…

こんな流れでした。
とても集中できてよい時間でした。

今日得た事は2つ
朝は集中する事が大事。
日々感謝の気持ちを忘れない事が大事。

今日のこの雰囲気を忘れずに普段の家での朝訓読も頑張ろうと思います。
posted by todaysunday at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 内面スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

教会生活

職場での人間関係、付き合いや教会での活動、み言勉強の時間等のバランスに悩む食口の方は多いのではないでしょうか?

何をかくそう私もその一人です。

今朝天聖教からこんなみ言を見つけました↓

教会生活で神様から公認を受け得る立場に立っていない人は、社会生活において神様に代わる生活をすることはできません。内的な教会生活で、神様の公認を受けるかどうかが問題です。ところが今、皆さんの教会に対する観念について考えてみると、教会で集会するその時間がどれほど貴いかを忘れています。教会の公的集会に対する観念が希薄なので、み旨の進んでいる方向に対しても希薄になるのです。内的に自分がどういう立場に立ち得るかを確実に知らないがゆえに、外的基準も確実ではないのです。
(『天聖教』礼節と儀式 第2章より)


本当にどうししてよいか分からず、昨日も相当悩みましたが、ひとつのヒントをいただけました。

まずは教会生活を重要視すること。
イエス様がまず天を愛しなさいと言われたように神様を第一に愛することからすべてがはじまります。


今日も読んでくださってありがとうございます。


↓クリックおねがいします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 内面スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

世界へ!

日本はこれから世界に出て活躍しなければいけない!
(日本を捨てろという事ではございません)


今日の夕拝で一番心に残った言葉です( ̄^ ̄)ゞ


自分のためだけではなく、家族にとどまらず、地域にとどまらず、日本にとどまらず、世界に出で活躍していく事が、これから必要なのではないか??

そういう意識で明日からまた頑張ります(^O^)


今日も読んで下さってありがとうございます(^^)
posted by todaysunday at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 内面スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

小さいことでも

少しだけと思う無駄が一番怖いby松下幸之助


今日は我が家の松下幸之助語録の日めくりカレンダーにある言葉を紹介します。

蛇口から漏れ落ちる一滴一滴の水はわずかな量かも知れません。しかし、時間がたてばバケツ一杯、プール一杯にさえなります。
わずかな無駄でもつもりつもれば大きな無駄になることを常に肝に銘じていたそうです。


少しだけ…そういうちょっとした油断が大きな損害につながります。

復帰摂理ではどうだったのでしょうか?


創世記一五章10節から13節までに記録されているみ言を見れば、アブラハムは、他の供え物はみな二つに裂いて祭壇の左右に置いたけれども、鳩だけは、裂かずにそのまま置いたので、荒い鳥がその死体の上に降り、アブラハムは、これを追い払ったと記されている。神はその日、日の入るころ、アブラハムに現れて、「あなたはよく心にとめておきなさい。あなたの子孫は他の国に旅びととなって、その人々に仕え、その人々は彼らを四百年の間、悩ますでしょう」(創一五・ 13)と言われた。アブラハムは裂くべき鳩を裂かなかったので、その上に荒い鳥が降り、それによって、イスラエル民族はエジプトに入り、四〇〇年間苦役するようになったのである。
(『原理講論』後編第1章第3節より)


裂くのに大変な羊と雌牛は裂いたのに最後、もっとも裂くことが簡単な鳩を裂かなかったことで、のちにイスラエル民族が大きな苦労をすることになりました。
失敗した原因としていろいろな説があげられていますが、弟子に裂かせたらしいです。


アブラハムはこんなに重要な摂理で会ったということは知らなかったはずです。
知っていれば失敗していなかったでしょう。


私たちもこの過去の失敗を通して、日々み言の実践をしていく上で小さな事にも精誠を込めて、つくしていくことが大事だということを改めて学ばさせられます。



逆にいえば小さいことにでも精誠を込めることができる人こそ勝利者になれるということです。



共産主義、思想も世界に猛威をふるい、今日本でも文化共産主義という形で根強く残っていますが、共産思想を拡げた人々も小さい事まで徹底して、拡大に尽力していた結果の故に今の社会をつくっています。


私たちも負けずに小さいことにも精誠をこめて頑張りましょう!



今日も読んでくださってありがとうございますわーい(嬉しい顔)



↓クリックおねがいします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 内面スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。