2011年03月02日

授受作用は発展の法則

「いやあうれしいな〜」


職場の上司からの一言です。



私の2つ上の先輩と来年度の工事について、製品の仕様について提案したことがうれしかったようです。



言われる前に動く!

率先してために生きる!




先輩が主体的に動いてくれたので、私はまだまだですが、そういう素晴らしい先輩を持ててうれしいです。


授受作用の原理はまず先に与えること。


発展のためには授受作用すること。
つまり、発展のためにはまず先にあたえること。




ために生きて感謝されたらうれしいし、また次も頑張ろうという気持ちになれますねぴかぴか(新しい)



これからも目的を成していくために何ができるか?
まず自分からために生きる実践をして貢献していけるよう頑張りたいですグッド(上向き矢印)



今日も読んでくださってありがとうございますわーい(嬉しい顔)



↓クリックおねがいします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

原理が必要?

昨日は会社の管理職の方を読んで業務に関する勉強会がありました。


終了後の懇談会で管理職の方がおっしゃられていた言葉


これからは宗教的なだれにでも共通する普遍的なものが必要なのではないか?
なにかあったとしてもそこに立ち返れる共通の何かが。
そいうものは歴史の中から見つけ出せるものかもしれない。


これって文鮮明先生が解明した統一原理がぴったり当てはまるのではないか?
共通する普遍的なもの…それは…



人類は共通の親である神様を中心とした兄弟姉妹
であることぴかぴか(新しい)



そして立ち返れるものは原理であり、み言であります。




さらに歴史を学ぶことで歴史をみちびいてこられた神様の心情や復帰摂理を学ぶことができます。




ぜひとも統一原理を紹介したい!と思いましたるんるん



やはり本心では真理を求める何かがはたらくのではないでしょうか?



今日も読んでくださってありがとうございますわーい(嬉しい顔)



↓クリックおねがいします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

母が礼拝初参加

昨日は初めて母親が日曜礼拝に参加しました。

説教題は「サタンの人間の支配」


サタンは、邪悪な人々に、より大きな事物祝福を与えて、彼らが絶対に退廃の沼から脱出できないように防御線をはっておくのです。
(『平和国連を通して平和天国を完成しよう』より)



家の家計は決して裕福ではありません。

むしろ貧しいくらいです。


み言をきいて、本当に貧しいからこそ、こうして導かれ、親と一緒にこの場にいることができるんだなあと思いました。


お金があって、物があるだけが神様からの祝福ではありません。



母はみ言はよくわからなかったようですが、教会の「人」の良さに感動していました。



今まで一人で参加した中で多くの神様の愛を感じてきましたが、昨日はまた次元のちがった神様の愛を感じました。


母と私に神様からの愛が滝のように降り注いでいることを感じました。



今週1週間も母が守られ、神様からの祝福がありますように…


意識してくださった兄弟姉妹、祈ってくださった兄弟姉妹、母に声をかけてくださった兄弟姉妹の皆さま

どうもありがうございました!
posted by todaysunday at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

会社を愛するために

会社をだれよりも愛する!

その思いをもって昨日も出発しました。


そのための一環として、来週月曜日は会社の今後を考え議論する勉強会に参加してきます。
職場を良くして、社会に良い影響を及ぼしていけるようにもっと勉強する必要があります。
どんな議論ができるのか、不安と楽しみもありますが、がんばってきたいと思います。



今日は建築の勉強会に行ってきます。
これも社会に貢献できる自分になるための勉強!

以下は文鮮明先生のみことばです。



むかし先生が勉強する時には、1ページを読んで涙を流しました。1ページ1ページごとに、民族の運命を左右することができる秘密が含まれているのではないか、と勉強をしたのです。祈祷もそのようにするのです。
(『真のご父母様の生涯路程@』光言社 より)


文先生のみ言による人格形成のための勉強と社会貢献していくための知識勉強、そして祈祷と実践を通して、「他の為にいきる」み言を実体化していこう晴れ
今日も読んでくださってありがとうございますわーい(嬉しい顔)


↓クリックおねがいします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

みことばに投入されている思い

昨日職場の係長が係員ひとりひとりの評価をしてくれていました。

○○さんはやり足りない。
○○さんはやりすぎ。
○○さんはミスがある。

ワタQさんは…



ちょうどいいぴかぴか(新しい)(ほどほどという表現でした)



助かっているといわれましたひらめき


係長や上司に細かく指導されながらなんとか社会人として1人前になりつつあります。

少しでも支えになっていて良かったですわーい(嬉しい顔)




さて、昨日は仕事が終わった後、祈祷とみ言で涙があふれてきました。

職場で仲のいい友達が、恋愛について悩んでいるとのこと。


どうしてあげてよいのか分からず、どう展開するのか?

伝道を意識していいるこちらとしては、純潔を守ってほしい!

仕事中も気がかりでなりません。


昨日もふらふらになりながら祈祷室で祈っていました。


そして、み言を読む中でこんなみ言に出会いました。


文総裁はこの原理を探すために、痩身痩痍になって1日に12時間も14時間も祈祷したことが何年も続きました。
その悲惨な姿を皆さんはしっていますか?
原理の本には血と汗と涙が絡み合っています。1ページごとににじんだ先生と血と涙が、皆さんのような若者たちに訴えているということをしらなければなりません。先生が、青春を犠牲にして投入したのです。血と涙が皆さんに訴えているというのです。

(真の父母様の生涯路程@より)


お父様(文鮮明先生)が骨身を削りながら、私たちのために歩んでくださったんだなあ。

み言にはそのようなお父様の生涯の苦労と精誠が詰め込まれているんだなあ。


そう感じ感謝の思いが湧き、何回もその個所を読みなおしました。


み言の価値がちょっとだけ分かりました。

今日も読んでくださってありがとうございますわーい(嬉しい顔)



↓クリックおねがいします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。