2011年06月13日

同じみ言でも

昨日のチャート1DAYでみ言の前に対象となって読むこと、神様が直接自分に語りかけてくれたみ言だと思って読むこと、これを意識してみ言を読んでいます。
こうすることで今までは何度も読み流していたところに感動し、はじめて受ける感じ方があります。
今日はおなじみの創造原理から

神の第一祝福は個性を完成することにある。人間が個性を完成しようとすれば、神の二性性相の対象として分立された心と体とが、授受作用によって、合性一体化して、それ自体において、神を中心として個体的な四位基台をつくらなければならない。(『原理講論』創造原理より)

心も体ももともとは神様から出発した。心も体ももともとは一つだった。神様はあえてそれを分けて実体として表し、それが授受作用によって一つになることによる喜びを人間(私)に与えて下さろうとした。

読み方を変えるだけでみ言のとらえ方が変わり、感じる世界も大きく変わってきます。


今日も読んでくださってありがとうございます。


↓クリックおねがいします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。