2011年05月08日

氏族的メシヤの三大使命

氏族的メシヤに関するみ言はさまざまありすが、結局は何をすることなのでしょうか?

氏族的メシヤの使命は、第一に、先祖を復帰し、父母を復帰することです。第二に、故郷を復帰することです。第三に神様と共に暮らすことです。
(『氏族的メシヤと天一国創建』文鮮明 光言社より)

まずはご先祖様と親、次に故郷、そして個人的には意外だったのですが、最後に神様と共に暮らすということです。

神様と共に暮らすには氏族を復帰し、故郷を復帰しなければならないということです。

祖父母、父母、子女、孫と孫娘を中心として四代が一つの家庭で、永存される神様に侍って暮らす天一国家庭を探したてるのが、氏族的メシヤの使命であり、神様の願いなのです。神様も、どこかに外出してから、慕わしくて再び訪ねてくる家庭を探したてなさいというのです。父母が子女の家を訪ねていくように、気楽に訪ねてこられる家庭を準備しなさいというのです。それが他ならぬ、神様に侍って暮らす生活です。
(同上 本文より)

これはただの物語や理想ではなく、私たちが具体的になしていかなければならない使命だそうです。

到底難しいようなことに聞こえますが、こんなみ言もあります。

今ではもう、全世界に基盤をすべて築いておきました。これは現実です。虚構ではありません。サタンの迫害がないのです。サタンが統一教会の行く道を妨げようとしましたか。もう妨げる道がありません。サタンがレバレント・ムーンに反対する条件がないのです。サタンはだんだんと下がっていきます。それは、皆さんのために良い環境が造成されているということです。先生があらゆる道をすべて築いておきました。これからは皆さんに、すべてを相続してあげます。どれほど良いことでしょうか。
(同上 本文より)

最後の文は1991年に語られたみ言なので、今は氏族的メシヤとして勝利できる環境が整っているはずなのです。
今、氏族的メシヤとしての勝利が願われていますが、天一国をつくりあげていく上で必要な内容です。
できると信じて、み言をもって今日も一日出発です。

↓クリックおねがいします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。