2011年04月21日

教会生活

職場での人間関係、付き合いや教会での活動、み言勉強の時間等のバランスに悩む食口の方は多いのではないでしょうか?

何をかくそう私もその一人です。

今朝天聖教からこんなみ言を見つけました↓

教会生活で神様から公認を受け得る立場に立っていない人は、社会生活において神様に代わる生活をすることはできません。内的な教会生活で、神様の公認を受けるかどうかが問題です。ところが今、皆さんの教会に対する観念について考えてみると、教会で集会するその時間がどれほど貴いかを忘れています。教会の公的集会に対する観念が希薄なので、み旨の進んでいる方向に対しても希薄になるのです。内的に自分がどういう立場に立ち得るかを確実に知らないがゆえに、外的基準も確実ではないのです。
(『天聖教』礼節と儀式 第2章より)


本当にどうししてよいか分からず、昨日も相当悩みましたが、ひとつのヒントをいただけました。

まずは教会生活を重要視すること。
イエス様がまず天を愛しなさいと言われたように神様を第一に愛することからすべてがはじまります。


今日も読んでくださってありがとうございます。


↓クリックおねがいします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 内面スキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196870765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。