2011年04月05日

地震により思い起こしたもの

先日新聞で、「今回の大震災で学んだ事の1つは自衛隊の存在の大きさ。」 という記事を見つけました。

今回の地震で失ったものは多いですが、気付いた事も多いのではないでしょうか?

・自衛隊の存在の大きさ
・節約すれば大きく電気の使用量を抑えることができる
・家族の大切さ、いてくれるだけでもうれしい
・祈ってくれることへのありがたみ
・普段相当に電気による恩恵を受けている
・あたりまえに生活ができることへの感謝
・日本人の助け合いの精神の素晴らしさ
などなど


そして個人的には天皇陛下がいかに日本を考え、日本の親のような立場で見守っていてくださるかということを知った内容もございました。
計画停電区域ではないけど、自主的に停電されたり、被災地を訪れて、被災者を慰労されたり…
日本人が忘れかけていた天皇の偉大さを改めて認識するきっかけになりましたひらめき

今、「日本よひとつになろう」ということがメディアのあちこちで言われています。

目に見えない人との絆や助け合い、協力といったことに目が向けられ失っていた大切なものを思い起こそうとしているときであると思います。
ただ、ここにもう一つ付け加えてほしいものがあります晴れ

それは「神様」という単語です。

神様を中心にひとつになることが私の願いです。


なぜなら私たち人類は神様から生まれたひとつの家族だから…


今日も読んでくださってありがとうございますわーい(嬉しい顔)


↓クリックおねがいします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by todaysunday at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194286824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。